take20471120

PE試験

PE試験 – 勉強方法

はじめに 私は、2018年秋(10/26)の試験日を目標に、およそ8ヶ月前から試験勉強を開始しました。かなり早い時期から始めるのだな、と思われる方がいるかもしれません。 これには訳があり、実は同じ年の11/18に実施される「機械設計...
機械設計

機械要素 – ねじの力学 その2

この記事では、ねじに働く力の釣り合いから、ねじの回転に要するトルクの式の導出を行います。この式によって、ねじに生じる軸力(引張り内力)が計算できますので、ねじが破壊しないためのスパナにかけることのできる力などを求めることができます。
機械設計

機械要素 – ねじの力学 その1

ねじは主として部品同士の締結に用いられますが、他にねじの回転運動を直線運動に変える目的で使用されることがあります。このように、締結や運動に直接関わる機械要素ですので、ねじの力学を理解することは、機械設計者にとって非常に大切であり、基本でもあります。
PE試験

機械要素 – 平ベルト伝動

PE試験で必須の「平ベルト伝動」を解説します。模擬問題集を見ていただければわかりますが、張り側張力、あるいはゆるみ側張力を求める問題が出題されています。大学でも習っていない、あるいは完全に忘れたという方でも、この記事を読めば簡単に理解できます。
機械設計

機械要素 – ねじの仕事について

万力の締め付け力を求める問題を通じて、「ねじの仕事」についての理解を深めたいと思います。この考えは、ボールねじに関する計算においても適用できますので、理解は必須と考えます。
PE試験

PE試験 – 受験体験記 当日について その2

自分のPE試験受験の体験をもとに、PE試験の受験当日の様子を報告しようと思います。これを読めば、試験当日に何を用意すればよいか理解できます。この記事と、NCEESが提供する試験Tipsを併用すれば、鬼に金棒です。
PE試験

PE試験 – 受験体験記 当日について その1

自分のPE試験受験の体験をもとに、PE試験の受験当日の様子を報告しようと思います。これを読めば、試験当日に何を用意すればよいか理解できます。この記事と、NCEESが提供する試験Tipsを併用すれば、鬼に金棒です。
PE試験

PE試験で出題される単位について – 独特の略語

米国の技術者資格試験であるPE試験で出題される問題には、独特の単位の略語が使用されるときがあります。知らないとお手上げですので、知っておく必要があります。本記事で理解した後は、参考書、問題集で実際に確認しておきましょう。
PE試験

ヤード・ポンド法の単位について

米国の技術者資格試験であるPE試験を受験するためには、ヤード、ポンド法の単位についての理解が必須です。この記事では、検索してもほとんどヒットしない、ヤード、ポンド法の単位について記載します。この記事を理解してから、問題集に取り組むことをお勧めします。
PE試験

PE試験で使用した参考書、問題集等について

米国の技術者資格試験であるPE試験を受験するにあたって、管理人が実際に使用したPE試験用の問題集と参考書について紹介します。