PE試験 – 受験体験記 当日について その1

PE試験

この記事では、米国の技術者試験であるPE試験の受験当日を振り返ろうと思います。

私は、Michigan州 Detroit地区で受験を申し込み、2018年10月26日に Macomb Community College でPE試験の Mechanicalを受験しました。

受験当日は、受験票に「AM 7:15に会場受付」と記載があったので、念には念を入れて6:15には現地入りしました。すると、もうすでに受験生と思われる車が3、4台駐車していました。

もちろん、受験の2週間前には道順の確認のために下見をしております。今までの勉強時間を無にするような失敗は許されません。

さて、到着して受付の人らしき人に、受付開始時間を聞くと7:00からと言われたので、それまでは車の中で最終チェックです。

他の受験生は、おそらく受験仲間がいるでしょう。そして、試験の情報を共有しているでしょう。しかしながら、私が持っている情報といえば、受験票に書いてある注意書きと、今まで勉強してきた問題集のみです。正直、機械工学でその辺の人達には負ける気がしませんが、受験当日の情報がなく、何か漏れていたらどうしようという不安が付きまとっていました。その不安を抱えて、受験会場に向かいました。

さて、受付開始の7時になっても受付けが始まりません。まあ、アメリカではよくあることだと思いながら、7:15になったのですが、まだ受付けが始まりません。まあ、他の受験生も同じなので不安はありませんでしたが、結局7:30に受付けが始まりました。

受付けでは、カバンの厳しいチェックがあると思っていたのですが、受験票と本人確認のIDだけの確認だけで、あっさり受験会場に入ることができました。

私は、受験勉強で使用した参考書と問題集、そして昼ごはん、飲み物を2本入れたカバンを2つ持ち込みましたが(それでも十分思い)、人によってはスーツケース大に大量の参考書を入れていたり、ゴリラカートで参考書を持ってきていました。

コメント