機械設計

機械要素 – 直進体の場合の慣性モーメント

モータと直結の場合 上図のような直進体(ベルトコンベヤやラック&ピニオン)の慣性モーメント\( J \) を、モータ軸の慣性モーメント\( J_M \)に換算することを考えてみます。  直進体の速度\( v\  \) が与えられ...
機械設計

機械要素 – 歯車における減速について

減速比とは ボールねじの記事でも減速比について少し触れましたが、ここでは、例えば「ウォームギヤでモータ軸の回転を\( 1/50 \) に落とした」と記述したとすると、この\( 1/50 \) を減速比と呼ぶことにします。 JISで定...
PE試験

PE試験 – 受験Tips

1. 受験登録 私が受験した2018年の時点では、受験するにはまず「NCESS」のサイトに登録する必要がありました。そしてこのサイトから試験の申込みを行います。これは特別難しいことではありません。 2. ExamineeGuide 受...
機械設計

機械要素 – 慣性モーメント(事前準備)

はじめに モータのように回転する機械要素を使用する場合は、慣性モーメントの計算が必要となります。 慣性モーメントは何ぞや、と疑問が湧きますが、具体的な式の導出は専門書に譲ります。しかしながら、そんなに難しいものではありません。 ...
機械設計

機械要素 – ボールねじ

はじめに ボールねじは、動力の回転を直動へ変換する機械要素の一つです。また、工作機械に求められる精密な位置決めに必要不可欠な機械要素として、各送り軸に使用されています。 さて、上記の回転を生み出す動力源と言えばモータであり、位置決め...
PE試験

PE試験 – 勉強方法

はじめに 私は、2018年秋(10/26)の試験日を目標に、およそ8ヶ月前から試験勉強を開始しました。かなり早い時期から始めるのだな、と思われる方がいるかもしれません。 これには訳があり、実は同じ年の11/18に実施される「機械設計...
機械設計

機械要素 – ねじの力学 その2

この記事では、ねじに働く力の釣り合いから、ねじの回転に要するトルクの式の導出を行います。この式によって、ねじに生じる軸力(引張り内力)が計算できますので、ねじが破壊しないためのスパナにかけることのできる力などを求めることができます。
機械設計

機械要素 – ねじの力学 その1

ねじは主として部品同士の締結に用いられますが、他にねじの回転運動を直線運動に変える目的で使用されることがあります。このように、締結や運動に直接関わる機械要素ですので、ねじの力学を理解することは、機械設計者にとって非常に大切であり、基本でもあります。
PE試験

機械要素 – 平ベルト伝動

PE試験で必須の「平ベルト伝動」を解説します。模擬問題集を見ていただければわかりますが、張り側張力、あるいはゆるみ側張力を求める問題が出題されています。大学でも習っていない、あるいは完全に忘れたという方でも、この記事を読めば簡単に理解できます。
機械設計

機械要素 – ねじの仕事について

万力の締め付け力を求める問題を通じて、「ねじの仕事」についての理解を深めたいと思います。この考えは、ボールねじに関する計算においても適用できますので、理解は必須と考えます。